ThinkPad X40復活大作戦

前回までのあらすじ。
年末、数年ぶりに大掃除を敢行した我が家に、ThinkPad X40がやって来ました!……押し入れの中から。



そんなわけで、2008年頃に中古で購入して仕事周りで活躍。その後2010年頃に一線を退いたX40さんが再び現れました。しかしながら、出てきてきた時の状況はHDD認識するも、エラーで起動せず。これはどうなるか……と思いましたが、最近使っているLinux Mintの低スペックPC用イメージをUSBメモリに放り込んで起動させたところ、思いの外快調に動いてくれたので、復活大作戦を開始させることに。実践したい諸氏は各自ググって自己責任で行うこと。よろしいか?

方針として、
 ・SSDを導入してボトルネックだった1.8インチHDDの呪縛からの開放
 ・メモリがウチのモデルは256MB+512MBだったので、増設分を1GBに増強
 ・CMOSバッテリーも、リチウムイオンバッテリーもヘタっていたので、交換
といった方向で動いてみることにします。予算はバッテリー次第だけど、1万以内でなんとか。

とりあえず、毎回USBメモリから起動させるのも面倒なので、再インストール。1.8インチのSSDもあることはあるのですが、明らかに高いのでmSATAのSSDを買って、変換ボードで取り付けることに。変換ボードが1000円ちょいで、SSDが3000円ちょいで60GBが売ってるはず。動画をいくつも持ち歩かなければ、これぐらいで十分なはずです。つか、このエントリのオチにも繋がりますが、このスペックでHD動画は再生できませんw

合体させたものを取り付け、適当にスポンジとかで調整し(HDDに比べると薄いから空間ができます)、BIOSレベルで認識することを確認。

うしうし、いい感じで認識してますね。インスールは起動チェックにも使ったブータブルUSBから。デスクトップにアイコンがあるので迷わないはず。設定画面は英語ですが、大丈夫ですよ。インストール成功したら、アップデートを忘れずに。まぁ、ウチはここで何度かコケたんですが、最終的には上手くいきました。先にアップデートのサーバを国内のものに変えておいたほうがいいかも。

しばらく使ってみて問題なかったので、残りのメモリ・CMOSバッテリー・リチウムイオンバッテリーを購入。中古とか互換品ですが、特に支障はないはず。繰り返しですが、あくまで自己責任で。

あとは、いくつかの設定をすることになりますが、ここは個人差もあると思うのでお好みで。イマドキのLinuxディストリビューションなら、ノーマルインストールでほぼノー設定で使えるレベルの状態に持っていけるはず。あとはひたすらググりましょう。なんとかなります、頑張れ。健闘を祈ります。

さて、そんなこんなで復活したX40さんですが、流石に出来ることと出来ないことがございます。なんせ2004年発売のPCですからね…。

出来ること
 ・普通のネット巡回
 ・メール
 ・文書作成
 ・ブログ更新
 ・音楽を聞く
 ・SD画質の動画ファイル再生

出来ないこと
 ・YouTubeを始めとした動画配信サイト
 ・HD画質の動画ファイル再生
 ・刀剣乱舞www

こんな感じですが、手をかけて蘇らせただけあって、愛情が違いますね。ご老体ですが、まだまだ働いてもらいましょう。近々、ウルトラベースX4も手に入る予定なので、DVD再生が上手く行くかまた試そうと思います。今回のエントリもX40で書いているんですが、やっぱキーボードの打ち心地が最近のノートPCと全然違いますね。素晴らしい。