特殊喫茶卒業

身近な人には言っていましたが、キモい客に疲れたので、日本橋特殊喫茶界隈から卒業しますよ。

「引退」だと復帰するとき今まで通りにやらなきゃいけないけど、「卒業」だと何度か戻ってきてもOBだからで済むしw

まぁ、冗談はさておき、色々と思うところがあるわけですよ。お屋敷は知らない女の子ばかりになった上に、キモいおっさんがワラワラと。松屋上は友人の協力もあって、知らない女の子はいないけど、変な客は増える一方......隠れ家に行ったら、痛い客の愚痴大会になる始末ですよ。そこまで気を病んでまで通う必要ないし......。しかも今日は、お屋敷で良くしてもらった女の子が卒業するので、そのまま俺も卒業ですよ。松屋上も改装しちゃうしね。

で、スーツ着たままお屋敷へ赤いバラの花束抱えて向かうイケメンだかキモメンだかわからない行動に出たわけですよ(赤いバラってのは女の子のリクエスト)。お渡しシーンでかなり良い雰囲気になったと思ったら、「何してんねん」と聞きたくない声。あ!空気読め無い痛々しいKY先輩......。心の中ではスティーブ・オースティンの入場テーマですよ。窓ガラスがガッシャーンですよ。聞けばKY先輩も同じ女の子に花を渡したそうで......もう通えない!いや卒業するんだけど!w

その後もKY先輩(気に入った)と同席してたんですが(当然ながら嫌々)、見事なまでの痛い客っぷりに泣ける!泣けるでぇ!!絡み方とか教えてもないのに、見事なキモさでした。もう勝手にして下さい。ぼくぁ、この業界を卒業するんだ!頼むから、社内でいらんこと言うなよ!


そんなわけで、引退宣言でした。これからは友達付き合い以外で寄ることはマズ無いと思います。正直、寂しいのは寂しいですが、そろそろ次のステップへ進まないとね!