映画版電車男行ってきた

というわけで、電車男を見てきましたよ。マハーさんは2chのスレも読んでないし、過去ログも読んでない。そして新潮社版も読んでないずぶの素人であります。ヲタの毒男が電車の中で人助けをして素敵な人に出会い、2ch住人の助けを借りつつ恋をはぐくむ......なんて簡単なあらすじしか知らないわけです。なので、ここが元の話と違うとかは判らないので悪しからず。あ、ネタバレは極力しない方向で。

今日は隣接する電車が不通で売り上げ激減中の伊丹まで行って観てきたのですが(伝家の宝刀:レイトショー1200円)、客の入りは半分弱。内訳はカップルか女の子同士の2人組ばかりでした。ヲタは俺だけかい?寂しいねぇ。

話の内容は置いておくとしてキャスティングですが、電車男役の山田孝之が男前すぎる!初登場時のメガネ長髪のヲタルック全開時はそれっぽいのですが、魅惑の変身(死語)後はさすがにヲタっぽく見えなさすぎ。しゃべり方や、おしゃれポイントでの挙動不審っぷり、そして得意分野になると一気に饒舌になるあたりは、しっかりとヲタ研究が出来ていて、演技も好感が持てます。ヲタといえば、書き込みしてる人にしっかりとキャラ付けがされているのですが、その中のマンガ喫茶で書き込みしまくるヲタ3人組のバンダナ長髪兄ちゃん役の岡田義徳が素晴らしい。しゃべり方、行動、しっかりとアキバ系でした。ただ岡田義徳は未だに映画ときめきメモリアルの印象が色濃く残っています。そんな黒歴史忘れてやれよ、俺。あ、重要なことを忘れてた。メガネっ娘ナースの国仲涼子がすんげぇ可愛かった!これは蝶重要。

演出も2chを意識したものが多くて、分割画面多く使ったり、顔文字や書き込みを画面に表示させたり。調べてみたら監督さんはテレビ出身なのね。あー納得。最近のコメディー色が強い映画ってテレビやCM出身の監督さんの方が面白いことが多いし。去年の下妻物語とかね。

感想としては個人的には結構良いんでないかい?といった印象なのですが。最後のオレンジレンジ前後の描写が余計と言えば余計な感じなのと、ラストシーン前が大げさすぎる感があるのですが、そこ以外は綺麗にまとまってたし。後は背景にひっそりと仕込まれているネタで笑えって感じですかね。電車男のケータイストラップにクルル曹長キタ━━(゜∀゜)━━!!とか、机の上にケロロデスクトップカレンダーキタ━━(゜∀゜)━━!!とか......って、ケロロばっかじゃねーか。あとはガンダムとかエヴァとかね。ああ、ラクス・クライン300円フィギュアとかも出てきた。よく見てる、俺!

あ、そうそう。帰り際、隣で女性2人組が話してるのが聞こえたんだけど、
「エルメスたん、偉いねー」
「私はああはなれないよ、うん」
ってのが、一般的な女性の感想じゃないのかなー。俺が女の子だったら、最初の電話の時点で終わってるよ!男側もそれまでの人生経験等で随分と感想が変わってくると思うんだけど。今回ばかりは女性と行って、色々と生の感想を聞きたかったね。残念。