開幕2005


一日遅れの開幕戦ですよー!ということで、今回の秘密兵器「携帯テレビ」を投入し、マジレンジャーを見つつ神戸へ。今回は開幕戦ということもあって、8時集合だったのですよ。

ウイングに着いてみると、なんか8時からグッズ売店が開いていたので、ニットマフラーにフラッグケースとイヤーブックを購入。一気に5000円ほど持っていかれる。しかしながらサポーターTシャツのLサイズは早くも売り切れ。サポシートには各サイズ5枚ずつあるとのことなので、会場ダッシュでゲットする決意をする。その後、周りの人と話をしていたりするうちに9時過ぎ。今回わざわざ携帯テレビまで持ち込んだのは、当然ながら響鬼さんマクハを観るためだったのですが、その作戦もあっけなく失敗に終わる。この荷物、どうしてくれようぞ......orz

入場まではまったりと。久々の顔あり、久々の顔あり。そして久々の顔あり......って、久々ばっかりか!逆に言えばこっちも久々だったんですね。考えてみたら去年の9月末にあったホーム磐田戦以来のゴール裏だしね......って、半年ぶりか!!そして、今日のメインイベントとも言うべき紙ふぶき。マハーさんも昨日の成果物を持参してまいりました。入れ物が少々アレですが、気にしない方向で。だって丁度いい大きさのビニールの袋がアレしかなかったんだい!!

なんだかんだで4時間近く経過し、グッズ売店以外のテントも設営されてきたので、巡回開始。まずは年間パスの効果その1のサイン入りMフラッグ交換へ。開幕戦のプレゼントがフラッグだったので「これ以上貰ってもどうするねん!」という感もあるのですが、サイン入りというのは嬉しいもんです。引き換えに行くと受付をしてたのが顔見知りのボランティアの方だったので「こっち側に来なさいよ!」と激しく勧誘される(汗。今年は年間パス組なんです。スイマセン、スイマセン。列に戻ると年間パスの効果その2が発動。開場30分前には入場。これは激しく嬉しいですねぇ。席の確保がしっかりできるのもですし、何と言っても優越感が違う(笑)とりあえず席の確保後、売店にて無事サポーター番号のTシャツを購入。4500円、ちょい高い。

中に入って最初のインパクトは伊藤ハムの新バナー。でかぁい!説明不要ぉ!!
ちなみに、これの設置によりビジタースタンドでは大きな横断幕を旗置き場から下へ垂れ流すことが出来なくなりました。どう考えたって、対象チームは一つなのですが、まぁそういうことです。

そしてスタジアムDJ、さらば下埜正太。見事なリストラ劇でありましたですよ。試合前の選曲センスとかはかなり好きだったので、残念です。新しい人はまだまだこれからだと思うので、期待しながら見守ろうと思います。選曲もPRIDE会場のような勇ましい曲が多くなりました。そういえば、ファン感の時もPRIDEメインテーマとか使ってたしな。個人的にはいい方向だと思いますよー。

おもむろに発声練習したり、サポーターミーティングが妙なテンションになってしまったりしているうちに、あややが登場して開幕宣言。「♪おまえを嫁に~ 貰う前に~ 言っておきたい~ ことがある~♪」は関白宣言です。ベタなネタですみません。で、去年のハロプロカラーと違ってスポンサー無し版のレプリカユニで登場のあややでありました。正直、遠くてよく見えんかった。

この後、一気に盛り上がって試合開始となるのですが、その辺りからは応援全開モード。紙吹雪撒き散らして、大声と手拍子での応援に終始してました。11月以来の神戸のサッカーに感激し、際どいながらも着実に攻めていく姿に盛り上がりまくり。同点に追いつかれた前後はどうなるかと冷や冷やしっぱなしでしたが。なにわともあれ勝てて良かった!そして、この大一番で決めるキングはやっぱり男の中の男だ。もう一人、全開とはいかないもののしっかりと開幕に合わせてきたホルヴィ、おまえも男だ。次節がガッチガチに守ったあげくカウンターでガンバを粉砕した大宮だけに、不安が残るのですが徐々にペースを上げていってくれるはず。それに、なんてったって2位ですよ!2位!!。なんて甘美な響きなんでしょうか。素晴らしい!

試合後は出待ちしてたのですが、中でパーティでもしてたのか、選手が出てきたのは試合終了2時間後でした。寒かったー。で、そのまま祝勝会へ突入。色々ありましたが、楽しく飲めました。やっぱり勝つって素晴らしい!


<おまけ・1>
終わってから言うのも何なんですが、今日は新大阪ゆめっせで千夢一夜2が行われてました。速報見てるとすごく楽しそうだったので行けなかった事を後悔。さすがにホームと重なると行けません。くそー......

<おまけ・2>
試合前のワンシーン、その1。ウイング周辺にはどこかで見たことのある張り紙が。具体的には去年のチャンピオンシップ第2戦@埼玉だったような気が......

<おまけ・3>
試合前のワンシーン、その2。ドンドコドンドコ、ドンドコドンドコ。手すりにコミック誌を乗せて、決戦前に練習を重ねるヒビキさん(仮名)。