Road to KOMABA

J1 1stStage 4thLeg 浦和 2-1 神戸[SuperSoccer]

銀座から東京メトロにて東京駅へ戻る。先ほどの朝の散歩にしては過酷な行脚により、足下が大変な事態になっていたため東京駅構内の東京温泉へと向かう。とりあえず、朝に風呂に入れるとしたらここぐらいしか思い浮かばなかったわけで......。ところが、入泉料が2,300円......高けぇよ......。仕方なく、替えの靴下&靴で凌ぐべく買い物へ行くことを決意する。その前に当初の予定通り日本サッカーミュージアムへ。さぁ、印刷しておいた地図は何処へ行ったのかな?あれ......あれ......無いじゃん......_| ̄|○まぁ、地図ぐらい無くても行けるぜ!と、降りた駅は何故か千駄ヶ谷。30分以上歩き回ったageく、ポリス様に聞いてみたものの場所はわからず。ちなみに正規の地図によると最寄り駅は御茶ノ水......母さん、そりゃ辿り着ける訳無いです......_| ̄|○

傷心(自滅)の中、とりあえず原宿へ。しかしながら、11時前では店が開いている筈もなく、しかもマハーさんには年齢的に辛い服が一杯でした。やっぱり、社会人デビューは遅すぎたのね......_| ̄|○再び傷心の中、靴を調達するべく下北沢へ。3,500円でいい感じの革靴があったので即買いし、そのまま履いていくことに。27センチとマハーさんのサイズには1センチ小さいのですが、材質的に伸びるでしょう......たぶん。後はこれまたいい感じのシャツを購入。下北沢はマハーさん的に魅惑の街です。いいなぁ......散財して大変ですがね。

ここで大体12時前。さすがにお腹がすいてきた。そうだ食事だ!アキバへ行こう!!(えー。かくしてアキバへ。Cos-Chaには夜に行くことが決まっているので(笑)、昼はCURE MAID CAFEへ。カルボナーラ&桜のシャンパンウマー(昼間っからアルコールかよ......)。妙な勢いを着けつつ京浜東北線で浦和へと向かう。 浦和駅に到着後、とりあえず西口を出てオフィシャルショップレッドボルテージへ侵入。グッズの揃いに唖然としつつも、マッチデイプログラムとイヤーブック、サポーターCD、招きレディア君などを買い求め、そのまま"恐怖のKKK"こと国際興業株式会社のバスで駒場スタジアムへと向かう。JRのガードを潜ったそばからKKK規格の道が続出し、恐怖におびえるマハーさん。そんなマハーさんをあざ笑うかのように、学生定期券の広告は妙に萌え絵がこっちを見ているKKK。これは歓迎の意向を見せている......ということでファイナルアンサー?

さて、駒場スタジアムに到着。早速、某氏の歓迎を受け素敵なお土産を頂く。詳細は書けないのですが、ありがとうございますです~。アウェースタンド、通称「出島」に入ると見事に和んでいるアウェーバスツアー組。話によると午前7時30分に着いてしまったらしく、さいたま市街へ出ることも無く、ずっと駒場周辺を彷徨っていたそうな......。今回はギリギリ勝ち組みっぽい。

試合のほうは......いきなり仕組まれたようなPKで失点するわ、妙な裁定わ続出するわ、カズムンド超先生はフリーでのヘディングシュートを外してくれるし、バウルは自慰子観戦デーなせいか異常に張り切っているし......と、気が付けば0-1でハーフタイムへ。「浦和初のハーフタイムショー」であるラッセル=ワトソンのステージが楽しみなマハーさんは前半終了後、ダッシュでビールを追加購入。売店の眼鏡っ娘に激しく萌え。ノリも中々良かったし、笑顔もたまらん。ああ、最高だよ!駒場スタジアム(えー

さて、ラッセル=ワトソンの「誰も寝てはならぬ」ですが、最高に素晴らしかったわけで。コレだけで2000円の価値在るよ!うん!!......まぁ、曲の中盤でジャケットを脱ぎ捨てるとレッズのレプリカを着ていて、ついつい「おまえマンUサポやろが!」と突っ込んでしまったわけですが......。

後半はバウルのゴールこそ形どおり綺麗に決まったのですが、長谷部に勝ち越しゴールを決められジ・エンド。最後はセットプレーでセクシーが上がってくるほどの勝利への執念を見せてくれただけに、せめて勝ち点1が欲しかったところ。しかも、最後は神戸がコーナーキックを蹴る直前で終了するし。マハーさん、おもむろにブチ切れて決して高いとはいえない最前列の柵を乗り越え、体を外に出しつつ(地面までの高さは約5m)「審判、ちょっとこっちに来いや。ちょっと話をしようぜ!!おい!そこのシミスポ!!降りちゃうぞ!降りちゃうぞ!!大変なことになっちゃうぞ!!」と挑発。なんか、アウェーに来ると、いつも無茶な事をしているような......。最後は選手にコールを送り、警備員の皆さんに暴走を謝り、アウェーバス組より先に撤収させていただく。この後は秋葉原で前代未聞の対談が......。帰りは素直に歩いて浦和駅へ。某有名焼き鳥屋の兄ちゃんに話し掛けられつつ、浦和駅へ到着し宿のある神田へと向かうこととなる。

~駒場スタジアムな光景~
いつも通りなバックスタンド

「赤い方がいいじゃないか!」の再利用キタァ!!