次世代RVDだなおまえの姉ちゃん

......タイトルはともかく、WWEに行ってきました。カードのポイントとなるはずだったHBKが怪我をしたせいか、カード総入れ替え。いきなりケインvsハリケーンなんて苛めマッチがあったり、リングアナの一言一言に驚きの連続だったりしたわけです。

毎度の如く、全試合の感想とか書いてもほとんどの人が反応しないので、軽く流しますね。とりあえず、タッグタイトルマッチとなったリック=フレアー&バティースタvsダッドリーボーイズ戦が前半では最高の内容。"ネイチャーボーイ"フレアーの魅力全開で、斜め前にいたジョシュ=バーネット似のアメリカンな青年と「Wooooooo!」と言い続けておりました。

休憩前のスキットにビショフが登場。そしてガラスの割れる音がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!ストーンコールド登場。そして始まる一大活劇。っていうか、結局2ダース以上のアサヒスーパードライを消費してますた。すげぇ。

後半も客にマジ切れするテストとアホすぎるクリスチャンのおかげで僕らのRVDも大活躍。R・V・D!コールの中ひっそりと「D・V・D!」と言ってました( ̄□ ̄;)とにかく、全体的ににやけっぱなしな大会だったのですが、平日だったのが悔やまれます。休みの日の昼間ならフルハウスだったんだろうけど。あとは、花火もちゃんと使える会場で見たいなぁ。......あ、ウイングは暫くの間勘弁(^_^;)

大会終了後、某旧友達と居酒屋で色々と語らい合い、京橋駅改札で解散したのは24時20分。時刻表を見ると22分に東西線宝塚行きの最終が!コレなら立花まで帰れるではないか!!漏れは京橋駅構内をものすごい勢いで走り抜け、東西線のホームへと辿り着いた。

...しかし、そこには既に扉が閉まった状態の宝塚行き(最終)が。隣にいた駅職員の「ゴメン、諦めて」が更にむなしくさせる。とりあえず、環状線内回りホームへと戻り、大阪駅へ。

結局は大阪駅→阪神梅田駅間を2分弱で走り抜ける、伝説の大疾走を復活させて帰り着くことに成功しました。関西終電早杉。近距離夜行バスの運行に力入れるくらいなら、終電時間を遅らせてください(^_^;)