疾風怒濤55時間 Part.6~飛田給行列編~

翌朝は8時過ぎにホテルを出て品川・新宿経由で飛田給へと向かおうとしたのですが、大崎で車両トラブルの為に10分ほど停車。ヲノレ、またもやアウェーの洗れ(略 既に通いなれた感のある飛田給(えー。すぐさま駅前のCafe AMICIから延びる列に加わる。狙いは一つ!12時から限定100食のみ発売されるアマラオ弁当だっ!!(ちなみに並びだしたのは9時30分ごろ)

行列の中では、マリみての新刊を読んだり、闘龍門大百科を読んだり、OPEN直後のCASA TOKYOに侵入し、こことボンボネーラのみで限定発売のCDTOKYO Lovesを入手したりして、時間をつぶす。

そしてようやくゲットした、これがアマラオ弁当だ!!
━━味はオリーブオイルたっぷりなのでちょっと人を選びますが、マハーさん的には納得の一品。もうちょっと量が多ければ良いのでしょうが、量が増えるともっと高くなるのでコレぐらいでいいのかも。いいから、早くカズ弁当を作れよ!川崎食品!!(えー