初戴冠。

2003 J.league Yamazaki NabiscoCUP Group.A 2ndLeg
CTSB認定Jリーグサウスアメリカ選手権タイトルマッチ 45分2本勝負
ヴィッセル神戸(チャレンジャー) 4-2 (第3代チャンピオン)ジュビロ磐田
【神】"神様・仏様"オゼアス様(55min&78min&83min),アリソン(70min)
【磐】グラウさん(60min),中山雅史"隊長"(89min)
━━━━━磐田が2度目の防衛に失敗。神戸が第4代王者に。
〔参考スレ:Jリーグの南米王者


今日は開始10分前に総合運動公園前駅に着いて、ファンクラブ入会やら諸処理をこなしてスタンドインが試合開始ちょうど。なんか、毎回こんな事やってるな(汗)

さて試合の方ですが、前半はいつも通り磐田が攻めて神戸が守る展開。しかしながら違ったのは激しい接触プレイにも警告すらしない松村主審の姿であった...。その結果、前半だけで6度のタンカ出動という異常事態に。普通なら西の負傷退場があった後ぐらいから、黄紙出しておくべきだと思うんですが。しかも最初の黄紙はオゼアス様の異議......。その結果、前半のロスタイムはとんでもない展開に。
 後半は磐田の守備が半破綻。なんで神戸の選手がエリア付近でここまでフリーになれるのか...謎でした。不思議色ハピネス。そんな中をあれよあれよの4得点。神戸選手のハットトリックなんて見るの、正直言って初めてです。一体何があったのか...。

突然たる4-2の撃ち合い。終了直前の失点はほとんど無かったはずなのに、最後の最後におまけの失点......。そんな突然変異の謎を解くべく動き出した我々の前に、恐るべき真実が!今日の神戸ベンチにいた副島"マエストロ"博志監督は偽物だったのだ!いや、正確には中にいる人が指揮をとっていたのだ!!その中の人の正体は











 納得。(マテ)


おまけ。
~今日のグラウさん~
 得点を決め、いつものTシャツを見せて大喜び。そのままベンチ前へ向かい、更にはしゃいでいるところをナナンにたしなめられて、キックオフに備える。が、喜びが押さえきれないグラウさんは、試合開始後も両手を掲げてはしゃぐ。しかしながらバックスタンドのジュビギャル(もしくはジュビ姐)からは「早く集中しろよ!」と怒号が!( ̄□ ̄;)


~今日のアルノさん~


≪ヴィッセル神戸≫
GK#1 "BigSexy"掛川誠
DF#15 吉村光示
DF#5 シジクレイ
DF#17 バウル
(←48min MF#3 坪内秀介)
DF#6 菅原智
MF#7 佐伯直哉
MF#24 山口貴之
(←81min MF#21 三浦泰年)
MF#10 アリソン
MF#18 藪田光教
(←64min MF#8 岡野雅行)
FW#13 播戸竜二
FW#9 "神様・仏様"オゼアス様
--------------------
GK#16 イワマール史也
FW#11 カズムンド

≪ジュビロ磐田≫
GK#12 山本浩正
DF#2 鈴木秀人
DF#5 田中誠
DF#14 山西尊裕
MF#11 西紀寛
(←11min MF#4 河村崇大)
(←75min MF#15 ジヴコヴィッチ)
MF#23 福西崇史
MF#6 服部年宏
MF#10 藤田俊哉
MF#7 名波浩
(←83min FW#18 前田遼一)
FW#8 グラウさん
FW#9 中山雅史"隊長"
--------------------
GK#1 ヴァンズワム
DF#3 上本大海