神戸悲観論II~最後の願い。~

「それでは、ボクの最後のお願いですっ」














「・・・ノボリ・・・」















「・・・今度の試合・・・」















「・・・今度の試合、勝たせてください・・・」















「最終節なんて、最初から無かったんだって・・・」















「そう・・・思ってください・・・」















悲痛な笑顔が崩れていた。
溢れる涙が、頬を伝って流れ落ちる。















「今度の試合・・・うぐぅ・・・勝・・・せて・・・」















「本当に・・・それでいいのか?」















「本当にヤスさんの願いは今度の試合に勝たせてもらうことなのか?」















「だって・・・」















「ボク・・・もうお願いなんてないもんっ」















「・・・本当は、もう二度と出れないと思っていた、J1リーグ・・・」















「いっぱい出れたもん・・・」















「だから・・・」















「だか・・・ら・・・」















「今度の試合、勝たせてください」















「・・・ノ・・・ボリ・・・?」
















三浦泰の持っていたジャンパルが、床の上に落ちる。















「・・・・・・」
















澤登は、三浦泰のジャンパルを抱きしめていた。







11月30日に続く・・・。