神戸悲観論













夢。











夢を見ている。











毎日見る夢。











終わりのない夢。











連敗記録。











15位以下。











赤く染まった世界。











誰かの泣き声。











選手の泣き声。











夕焼け空を覆うように、選手が泣いていた。











どうすることもできずに、











ただ落ちてゆく選手達の姿を見ていることしかできなかった。











だから、せめて…。











流れる涙を拭いたかった。











だけど、手は動かなくて…。











頬を伝う涙はピッチに吸い込まれて…。











見ていることしかできなくて…。











悔しくて…。











悲しくて…。











大丈夫だから…。











だから、泣かないで…。











言葉にならない声。











届かない声。











「…だから…」











それは誰の言葉だっただろう…。











夢が、別の色に染まっていく…。











「うん…降格、だよ」