梅本の夜

2002 J.league Div.1 2ndStage 5thLeg
京都パープルサンガ 2v-1 ヴィッセル神戸
【京】鈴木慎吾(70min),黒部光昭(93min・PEN)
【神】オゼアス(5min)
警告
 【京】なし
 【神】北本久仁衛(8min),菅原智(31min),北本久仁衛(44min),イリヱトヲル(44min),三浦泰年(57min),アリソン(74min),藪田光教(82min)
退場
 【京】なし
 【神】北本久仁衛(44min・黄紙*2)

いや、まぁ、その、なんだ。試合終了直後にアウェイゴール裏最前列へダッシュを敢行して
出てこい!梅本!!
コール(当然中指立て立て♪)を何十回もカマしたあげく、西京極の関係者入り口を2時間近くに渡って包囲した人間が言うのもなんですが、監督の采配と北本が敗因ではないのかな?と。てゆーか、梅本の存在はベッカム...もとい別格。

バンドの昏倒は事故なのだから仕方ないにせよ、ここでカズゥ御大を投入した事が崩壊の始まりでは無いかと思われ。少なくとも、そこでは城投入では?確かに1度だけ見事なスルーパスがあったような気がしないわけでもないのですが、それ以外は最低。御大へボールが渡った途端に流れが止まる止まる。正直、11番の電光掲示が見えた時点で感じた敗北の予感は、たった20分弱で確信に変わったわけで。

ハーフタイム終了後に、
御大→城
という交代が行われる事を真剣に期待したり。・・・結局はオゼアス→城という、最悪のパターンになったわけですが。マツダ君に期待する方が間違っているのか、期待しなければならないのか・・・。

さて、もう一人の戦犯である北本久仁衛タンでありますが...。今シーズン、彼のミスで一体いくつの星を逃してきた事か。目に見える形だけでも、日立台での決勝Vゴールであったり、今回の退場であったり。しかも、2枚目がイリヱへの黄紙の抗議(暴言)で貰っているあたり、ええ加減にせいよと。何より、北本の抗議の後はひたすら京都よりのジャッジになり、我々の蜂起へと繋がったわけですが、元々は北本の口が災いの元なのではないかと。よし!わかった!!北本君、次に出る機会があるならばこのマスクを着けて出る事。これ、約束な。

さて、各地で思ったほど話題になっていない(汗)神戸サポによる梅本博之君を囲む夕べですが、事の詳細は以下の通り。

試合中から梅本君への不平・不満が積もり積もったコアサポの一部は、FK時のエリア内ハンド→PKで逆転負けという敗北に激怒し、最前列にて「出てこい!梅本!」の大合唱を展開。その後、出てくるところを囲もうという事になり、競技場正面へ回り込んで
う~めも~とく~ん、あ~そび~ましょ~
他、ジェフなど他チームのコールをパクるパクる。ちなみに、コールやドラムに混じり高音域の金属音が聞こえたという説があったり無かったり...。

結局はチームとしても抗議の文書を審判委員会に提出するという事で解散。時に23時......多くのサポが家に帰り着けなかった事は言うまでもあるまい...。それにしても、44分の北本への黄紙が2枚目だった事、朴智星に言われて気が付いたんか......アホちゃうか。

≪紫魂。≫
GK#1 平井直人
DF#4 鈴木和裕
DF#5 手島和希
DF#27 角田誠
MF#3 中村忠
(←51min MF#26 中払大介)
MF#22 斉藤大介
(←72min FW#17 富田晋矢)
MF#11 石丸清隆
MF#14 鈴木慎吾
FW#7 朴智星
FW#9 黒部光昭
FW#10 松井大輔
--------------------
GK#12 ピーコ
DF#16 辻本茂輝
FW#18 上野優作

≪今日も明日もいつもの崖で≫
GK#1 "BIG SEXY!"掛川誠
DF#21 三浦泰年
DF#17 土屋"バウル"征夫
DF#24 北本久仁衛
DF#25 イリヱトヲル
(←69min MF#8 "野人"岡野雅行)
MF#5 シジクレイ
MF#6 菅原智
MF#18 藪田光教
MF#20 アリソン
FW#13 播戸竜二
(←69min FW#9 城彰二)
FW#31 オゼアス
(←69min FW#11 "KINGカズゥ"三浦和良)
--------------------
GK#29 荻晃太
MF#10 "モッティ"望月重良