希望の轍

2002 J.league Div.1 1stStage 15thLeg
ヴィッセル神戸 2-1 サンフレッチェ広島
【神】播戸竜二(0min),平野孝(89min)
【広】大木"眉毛"勉(55min)
【退場者】シジクレイ(79min・一発)
何だかんだで1ヶ月ぶりのユニバ。ここまで悲壮感たっぷりに向かうのも久しぶりの事。ついつい、三宮で一杯引っかけてから向かう事に(汗)

神戸ゴール裏に陣取り、ビール片手に試合を待つ。友人がイカすブツを持ってきてたので、試合前に願掛けなどしてみる。
 広島に行った際、サンフレのショップでゲットしたという藤本主税イラストタオルを逆さに吊ってみる。コレが功を奏したか、ダンサーは見事に不発。どうせならオカダにも念を送るべきだったか・・・。

試合開始直後、神戸DFラインからのロングフィードはビロングの頭の上を越えてバンドの元へ。これを珍しく冷静に蹴り込み開始19秒で先制(チーム最速記録)。あまりにもの出来事に下田の如く動けない筆者であった。前半はこのまま終了。それにしても、双方共に攻めの形が見えてこない。先週の平塚の方が遙かに面白かったよ・・・( ̄□ ̄;)

今日の試合は恒例の「伊藤ハムアルトバイエルンDAY」。今まではタオルマフラーを貰えてたのですが、今年は趣向を変えてビンゴゲーム。これがなかなかに盛り上がって面白い。継続キボンヌ。ちなみに筆者の結果は・・・
 実は試合前、今日の主審がSR岡田正義である事を知ったワタシは猛烈にイヤな予感がしていた。ワタシの中でのSRオカダへの印象は「強豪優先主義」ということ。今季開幕戦の東京-鹿島においても、アマスタ(飛田給)でありながら鹿島に甘いジャッジを繰り返していたワケで。そんなSRが弱小同士の対決に登場するとどうなるか・・・
1.55分、大木のヘッドがネットを揺らす。しかし副審は旗を上げオフサイドの判断。SRオカダ副審に言い寄る、数秒後あっさりゴールが認められる(汗)。しかも、抗議のバウルに黄紙のサービス。
2.よく判らないがシジクレイに一発レッド。
━━━━━そういう事か!そういう事か!オカダぁぁ!!ホーム不利なジャッジなんて聞いてませんよ(汗)

こんな展開でロスタイム突入。今までの神戸ならこのまま120分経過か、クヴォッチあたりに蘇生ゴールを献上するところなのですが、前節に続いて一人減ってからの方が強くなる謎チームは、ゴール前の混戦から平野が押し込みまさかの勝ち越し。・・・正直、信じられないんですけどぉ・・・( ̄□ ̄;)
何はともあれ、これで一気に13位へ浮上。崖には・・・へ?柏?!

≪浮上体勢≫
GK#1 "BIG SEXY!"掛川誠
MF#7 吉村光示
DF#5 シジクレイ
DF#17 土屋"バウル"征夫
DF#22 平野孝
MF#15 "一戦一枚"佐伯直哉
(←71min MF#8 "野人"岡野雅行)
MF#6 菅原智
MF#10 "モッティ"望月重良
MF#18 藪田光教
FW#13 播戸竜二
FW#9 城彰二
--------------------
GK#16 岩丸史也
MF#23 森一紘
MF#20 ダニエル
FW#11 "KINGカズゥ"三浦和良

≪サンフレッチェ広島≫
GK#1 下田崇
DF#5 駒野友一
DF#18 八田康介
DF#31 ビロング
DF#17 服部ハム太
MF#16 梅田直哉
MF#3 沢田謙太郎
MF#8 森崎和幸
MF#11 ダンシング藤本主税
FW#20 大木"眉毛"勉
(←89min MF#32 ミロ)
FW#10 "クヴォッチ"久保竜彦
--------------------
GK#33 尾崎勇史
DF#34 井手口純
MF#15 松下裕樹
FW#27 中山元気